プランター付のラティス人気ランキング

プランター付になっているラティスの特徴は、ラティスに直接ネジなどでプランターを繋げることができることです。付属のプランターは、中に土を入れたり、既存のプランターを入れるプランターカバーとして使ったりします。ガーデニング用途だけでなく収納として利用することもできます。フタをつけられるタイプであれば中にガーデニング道具などを入れてその上にプランターを置く使い方もあります。プランター付のラティスでランキングを見てみると、着色済みの木製タイプに人気が集まっています。そのなかで、格子の目があまり詰まっていないものが良く売れています。ラティスはガーデニングに用いるとき、プランターを吊り下げたりすることがあるからです。木製が選ばれる理由には、木製特有の木目デザインのよさや、加工や廃棄が他の材質に比べて楽なことなどがあります。そんなプランター付のラティスには選ぶ種類によって違う魅力があります。

デザインや素材で変わる魅力と用途

プランター付のラティスの魅力は、プランター部分とデザインが統一されることです。主にガーデニングに使われますが、形状でも趣が違います。よく利用されるラティスの形状の例としては、以下のようなものがあります。格子型は代表的な形状です。縦や横のボーダー状にしたものや斜めに板を張るストライプ状のものもあります。格子型や横ボーダーではプランターを引っ掛けて使えることにメリットがあります。ルーパー型では、板に一定の傾斜をつけて並行に張ることで視界を制限しつつも換気や採光を確保することができます。このタイプは、目隠しとしては魅力的です。他にも、板ではなく金網になっているものもあります。ラティス用の素材には木材のほかに、アルミニウムや樹脂などが使われます。手入れのしやすさが魅力です。付属するプランターについても魅力があります。フタ付ならベンチや収納としても使え、ガーデニング以外の使い方ができます。

ラティスは木製にこだわる人が多い

プランター付のラティスは、敷地の仕切りや目隠しとしての機能を果たしながらガーデニングを楽しめるアイテムです。プランターとラティスがセットになっていることで雰囲気や素材が統一され、裸でプランターを直接置いたときとはまた違った印象を与えます。手入れの手軽さという点では、樹脂製やアルミニウム製のタイプにも軍配が上がります。この中には木材風の塗装や加工を施したものもあります。ランキング上位を見ると、木製のものが多い傾向にあります。それだけ木の風合いに対する需要の高さがわかります。日本には木造家屋が多く、家の内外に木材を使う機会が多くあります。そのため、自然な木目が家屋と調和が取りやすいということからこのような傾向になっています。木製のものは、経年劣化によって割れたり腐ったりします。しかし、このように色合いや風合いの経年劣化を楽しめる点は木材ならではのメリットでもあります。